『自分の仕事は自分でクリエイト』を目指す新米クリエイターたちのアウトプット用Webマガジン。得意を活かした企画に挑戦中!

けっきょく、よはく。余白を活かしたデザインレイアウトの本

はじめまして、かわた まいと申します。

神戸でフリーランスのライターとWebデザイナーをしております。そして絶賛子育て中のお母ちゃんでもありますので、こちらでは仕事のことや家事育児との両立のことなどを発信していくつもりです。

Web制作は、修行不足の部分もあり、技術面に関しては実務をこなしつつ習得中です!

よろしくお願いしますの一発目は、そんな分刻みで活動するワーキングママの休憩のお供にもピッタリのおすすめ書籍から。

まさにジャケ買いならぬカバー買いでした

真っ白な表紙にトリムマークというシンプルな表紙に惹かれ手にとった一冊。

「いいデザインは、余白の使い方がうまいんだ!」
という帯のコピー通り、それがひと目で分る構成になっています。

 同じ素材を用いたデザインでも、余白のとり方で情報が整理されて見やすくなるということを「カフェ」「ナチュラル」「ビジネス」など9つのチャプターに分けて、カテゴリーごとにたっぷりと紹介しています。

実際のデザインワークでも使えるアイディアが満載!

そして読者の心をわし掴みにする2人のキャラクター。

登場する新米デザイナーのいまいちさんとベテランデザイナーのしゅっと先輩の掛け合いにも思わずクスッと笑みを浮かべながらリラックスして読み進めていけます。

新米のNG作例と先輩のOK作例が並べて掲載されていて、その差は一目瞭然。

美しいデザインの参考書は数あれど、失敗例が載っていることで自分がやっているレイアウトの悪いクセなんかにも気づけます。

次のページでは、引き続き対比をしながらNG作例に対しての問題点を洗い出し、うまくまとまらない理由などを詳しく解説。

さらに、「ほかにもこんなレイアウトもありますよ」とOK作例以外にも数パターンが掲載されていて、ジャンルやテイストごとにおすすめのフォントや色合いなどもアドバイスしてくれています。

あと、各チャプターの最後に登場する余白に関するコラムにも要注目です。

デザインは余白が9割というキーワードはまさに!

作例は、チラシやDMといった紙媒体ですが、Webデザインでも充分に参考になります。

余白を意識して手直しするだけで、こんなにも見栄えがしゅっとするなんて余白ってデザインワークにおいて大切なのだと改めて感じました。

あ、ちなみに「しゅっと」は関西弁でスマートや洗練されたとか垢抜けたという意味です。
そんな関西らしいゆるさも盛り込まれ、「読みやすいで~」ということで、そばに置いておきたい1冊です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ライター/Webデザイナー  神戸・三宮に生息し、六甲山系をこよなく愛す。
企画広報を経て「伝えること」の大切さを学び、未来の情報発信の媒体として欠かせないと思い、2013年にWeb制作の勉強を本格的にスタート。デザイン事務所で弟子入りのように学びながら社内Web運営チームにて約4年勤務。2016年には出産を経て、一児の母に。現在は、Web制作会社や編集部などと契約をし活動中。

Pocket
LINEで送る

関連記事

ログイン

新米クリエイターズ Webメディア部

『自分の仕事は自分でクリエイト』を目指す新米クリエイターたちのアウトプット用Webマガジン。

Web・DTPデザイナー・会社員・アルバイト・ライター・ブロガー・主婦・子育てママ...etc。
現在の肩書きは違えど目指すところは皆「フリーランスのWebデザイナー(クリエイター)」

日々の学びやお役立ち情報をブログで発信・アウトプットをしながらWebの世界でコンテンツを配信する、
Webサイトを運営する、アクセスを集めるってどんなことなのか?を体感していきます。

新米クリエイターならではの気づきや学び、Webデザイナーの腕を磨いていく模様をリアルに感じていただけます!