• 授業レポート 広告バナー制作講座

授業レポート Photoshop広告バナー制作実践講座 第4日目(7分10秒)

Photoshop広告バナー制作実践講座 第4日目

前回に引き続き、Photoshop広告バナー制作実践講座 第4日目の授業レポートです。

4日目は、授業前半は、3日目に出された課題の添削とPhotoshop機能解説。

3日目の課題は、「税理士求人用バナー」の制作でした。

広告バナーの目的にあった写真素材や書体の選び方、色使い、情報のブロックの意識など、1日目よりも2日目、2日目よりも3日目・・・と、みなさん、グンッと制作物のクオリティがアップしてきたことがよくわかります。

今回のPhotoshop機能解説は、スライス機能とHTML化。

Photoshopで作成したバナーをjpg形式で書き出し、HTMLに組み込んで実際にブラウザに表示させるまでの流れを行いました。

これに関しては、別ページに動画解説がありますので、以下をご覧ください。

レイヤーマスクを活用したマスキングテクニック

今回は、受講生からの質問内容をレポートします。

「背景と切り抜きたい被写体の境目が曖昧で、上手く切り抜けない場合、どのようにバナー背景に馴染ませればよいか?」

というご質問でした。

こういったケースの場合、レイヤーマスクを活用したマスキングで上手く見せることが可能です。

動画で解説してみましたので、ぜひご覧ください。

授業後半は、課題制作に取り組んでいただきました。

今回の課題は、コスメ系クライアントの広告用バナーの制作でした。

メルマガ読者限定で課題制作を行います。
ご希望者には私の方で添削させていただきます(^^)

メルマガにまだ登録していない方はこちらからご登録ください。

次回のPhotoshop機能解説は、Illustoratorで作成されたオブジェクトをPhotoshopへ持ち込む方法を予定しています。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでWebcreatorsTipsをフォローしよう!

この記事をシェアする



まずは無料のWebデザインメルマガ講座から体験してみよう!

登録作業はわずか10秒!
パソコン・スマートフォン・タブレットでWebデザインのスキルがアップするメルマガを無料で受信できます!

【メールマガジン登録フォーム】
お名前(姓)*
お名前(名)*
メールアドレス*
  • Webデザイン講座
  • レスポンシブWebデザイン作り方講座
  • Webデザインまとめサイト

PAGE TOP