• Photoshop基礎講座

Photoshop基本編 030 選択範囲、画像切抜き、バナー作成(CS5)(14分29秒)

Photoshop 初心者 選択範囲、画像切抜き、バナー作成

Photoshopを使いこなすのに必ず必要となる選択範囲の役割を確認しながら、選択範囲を使って画像を切抜き、バナーを作ってみました。

選択範囲を設定すると、画像の指定した部分だけに効果を与えたり、加工の命令をすることができます。

概要

  • Web用の画像サイズに変更する
  • 選択範囲の役割
  • 選択範囲の移動と変形
  • 選択範囲の反転
  • 長方形選択ツール
  • 楕円形選択ツール
  • 自動選択ツール
  • 画像の切抜き
  • PhotoshopでのWeb用のバナーを作る
  • クリッピングマスクの作成

補足・ポイント

自動選択ツールの使い方のコツ

自動選択ツールは、同色、近似色を選択してくれるツールです。

先端の丸い部分が選択ポイントとなります。

似ている色の部分を一度に選択したい場合に便利です。

境界線が複雑でも色がハッキリと分かれている場合に使用します。

自動選択ツールで思ったような選択範囲を作るにはオプションバーの「許容値」と「隣接」の調整をします。

許容値
ここに入っている数値が低いほどクリックした場所の色に近い色のみが選択され、数値が高くなるにしたがい、より広い範囲の色が選択されます。
隣接
隣接にチェックが入っていると、クリックした部分とつながっている範囲内だけ選択されます。
画面全体に散らばっている似た色を一度に選択したい場合はこのチェックを外しておくとよいでしょう。

クリッピングマスクを作成

すぐ下にある(背面)レイヤーの内容で画像を切り抜いたように見せることができます。
実際には切り抜かれているわけでなく「クリッピングマスクを解除」することで元の状態に戻ります。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでWebcreatorsTipsをフォローしよう!

この記事をシェアする



まずは無料のWebデザインメルマガ講座から体験してみよう!

登録作業はわずか10秒!
パソコン・スマートフォン・タブレットでWebデザインのスキルがアップするメルマガを無料で受信できます!

【メールマガジン登録フォーム】
お名前(姓)*
お名前(名)*
メールアドレス*
  • Webデザイン講座
  • レスポンシブWebデザイン作り方講座
  • Webデザインまとめサイト

PAGE TOP