• Photoshop基礎講座

Photoshop基本編 040 レイヤーマスクの基本と画像合成(CS5)(8分53秒)

Photoshop 初心者 レイヤーマスクの基本と画像合成

今回は、レイヤーマスクという機能を確認しながら、画像の合成をしていきます。

レイヤーマスクは「マスク」の隠すという意味の通り、レイヤーの一部を隠すためのモノ。

元画像のデータを残したまま、画像の見せたい部分と見せたくない部分をコントロールできる機能です。

レイヤーマスクを使えば、直接、画像を加工することがないので、何度でも編集しやり直しがきくのでとても便利です。

レイヤーマスクは、Webデザインではよく使用される技法で、この機能を使いこなすことでデザインのバリエーションが広がりますのでぜひ覚えておきましょう。

概要

  • レイヤーマスクの作成と編集
  • ブラシを使ってマスクする
  • グラデーションを使ってマスクする
  • レイヤーマスクの解除と適用

補足・ポイント

レイヤーマスクは、グレースケールの画像で表示され、黒い部分は非表示に、白い部分が表示されるという管理方法になっています。

  • 白色で塗った部分→表示
  • 黒色で塗った部分→非表示

ブラシを使ってレイヤーマスクの編集をする時は、編集箇所に合わせてブラシのサイズと硬さを調整する。
(ショートカットキーを使うと便利)

  • ブラシサイズを段階的に大きく  ]
  • ブラシサイズを段階的に小さく  [
  • ブラシの硬さを段階的に小さく ] + shiftキー
  • ブラシの硬さを段階的に大きく [ + shiftキー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでWebcreatorsTipsをフォローしよう!

この記事をシェアする



まずは無料のWebデザインメルマガ講座から体験してみよう!

登録作業はわずか10秒!
パソコン・スマートフォン・タブレットでWebデザインのスキルがアップするメルマガを無料で受信できます!

【メールマガジン登録フォーム】
お名前(姓)*
お名前(名)*
メールアドレス*
  • Webデザイン講座
  • レスポンシブWebデザイン作り方講座
  • Webデザインまとめサイト

PAGE TOP